• 料金
  • アクセス

腱板損傷について

肩関節には回旋筋腱板(インナーマッスル)という筋肉が存在します。

肩の回旋筋腱板は棘上筋、棘下筋、小円筋、肩甲下筋という4つの筋腱で構成されています。各々の筋肉に役割はありますが、4つの筋肉が上腕骨を囲うようになっており、肩が脱臼しないように安定性を保持する役割が中心です。

上記で上げた4つの筋肉は、単独あるいは複数で損傷を起こします。その中でも、棘上筋が最も多く損傷を起こしやすいです。理由としては、棘上筋の構造にあります。

付着している場所や腕を下ろしている(安静)状態でもストレスを受けるため、長時間にわたり肩を上げるなどを繰り返すと、棘上筋が過度に靭帯や骨に擦れて損傷を起こしてしまいます。

腱板損傷の原因と症状?

腱板は1度の外力で損傷する場合と、加齢などにより変性を起こし、繰り返し肩を使うことによって断裂を起こすものがあります。

原因

1.直接的に肩に外力が加わり損傷
2.手や肘をつき、肩関節の中で骨同士が衝突し、間接的な力が加わり損傷
3.投球動作による、使い過ぎで損傷
4.電車のつり革に摑まっている際に、急停車して損傷などの小さなことでも起こりえます

症状

1.肩を挙げる時・降ろす時の痛み
2.肩の引っ掛かりやゴリゴリと音がする
3.反対側の腕で痛い腕は持ち上がるが、自力では痛くて持ち上がらない
4.夜間の急激な痛み
5.上腕骨の大結節や三角筋付近を押したときの痛み

腱板損傷なら当院にお任せください

腱板損傷でお悩みなら栄光治院にお任せください!

当院では、痛みや炎症している場所に対しては,特殊な電気治療器(立体動態波)を使います。痛みを落ち着かせるだけでなく、機能の落ちた筋肉や関節の動きを戻しやすくします。まずはお気軽にご相談ください!

 

栄光治院 お問い合わせはこちら

電話予約はこちら
WEB予約はこちら
LINE予約はこちら
LINE予約はこちら

※LINEにて「クーポンを見た」とお伝えください。初回限定キャンペーンの割引を行います。

院名 栄光治院
所在地 〒448-0845
愛知県刈谷市銀座3丁目34番地1
診療時間 午前 / 9:30 ~ 12:30
午後 / 15:30 ~ 20:30
休診日 土曜日・日曜日

GoogleMapはこちら

グループ運営サイト